Broad WiMAXの速度制限は厳しい?詳しい内容を解説!

Broad WiMAX速度制限はどのようになっているのでしょうか?

せっかく快適なインターネットが利用できるWiMAXですから、速度制限はできれば避けたいところだと思います。

ただ、もしもの時もあるので速度制限について今回の記事で詳しく解説していきます。

今回の内容をチェックして速度制限についての不安を解消しましょう!

Broad WiMAXの速度制限は3種類!

まず、速度制限と言っても次の3つの種類があります。

  1. ギガ放題プランでの速度制限
  2. 通常プランでの速度制限
  3. LTE回線利用時の速度制限

ではどういった内容なのか?それぞれ見ていきましょう!

①ギガ放題プランでの速度制限

1つ目の速度制限がギガ放題プランでの速度制限です。

内容は直近3日間の通信量合計が10GBを超えた場合に、翌日の18時~翌々日2時までの時間帯に1Mbpsの速度に制限されるものです。

速度制限とは言いますが、正直ギガ放題プランでの速度制限は厳しくありません。

3日で10GBはよほど動画でも観ない限り達しませんし、仮に10GBに達したとしても1Mbpsの速度はネットは問題なく使える速度です。

このギガ放題プランでの速度制限はそこまで神経質になる必要はありません。

②通常プランでの速度制限

通常プランでの速度制限は注意が必要です。というのも速度が異常に遅くなってしまうからです。

通常プランでの速度制限の内容としては月の通信量合計が7GBを超えた時点で128kbpsの速度に制限されます。

先ほどのギガ放題プランでの速度制限と違って、この通常プランでの速度制限の128kbpsはネットがまともに使えません。

スマホの速度制限にかかったことがある人ならわかると思います。128kbpsがどれだけ遅いのか。

動画やネットの閲覧はほぼ不可能。できるとすればラインやメールくらいですね。

通常プランは料金が安いんですが、この速度制限には十分注意しましょう!

③LTE回線利用時の速度制限

このLTE回線利用時の速度制限についても注意が必要です。

どういった内容なのかと言いますと、LTE回線を利用した月の通信量合計が7GBを超えた場合に月末まで128kbpsに速度が制限されるというものです。

128kbpsの遅さは先ほど説明したのでわかると思いますが、注意したいのがギガ放題プランでもこの速度制限は当てはまるということです。

例えばギガ放題プランを契約していてもLTE回線を1回でも利用してしまえば、その月の通信量の上限は7GBに制限されてしまうということなんです。

なのでギガ放題プランでも128kbpsという超低速の速度制限になることはあり得ることです。十分注意する必要があります。

ただ、このLTE回線についてはWiMAXの圏外のところでしか使いませんし、仮にLTE回線を使うにしても手動で通信モードを切り替える必要があります。

勝手にLTE回線を使っていて速度制限がかかっていることもないので、その点は安心してくださいね。

ただ、もしLTE回線を使う予定がある場合は十分に注意しましょう!

Broad WiMAXの速度制限についてのまとめ

Broad WiMAXの速度制限ということで以下の3つを紹介してきました。

  • ギガ放題プランでの速度制限
  • 通常プランでの速度制限
  • LTE回線利用時の速度制限

注意したいのが通常プランとLTE回線利用時の速度制限です。

なので、速度制限を気にしたくない人はギガ放題プランを選ぶことをおすすめします。

ギガ放題プランなら快適にネットが使えますし、通信量を基本的に気にする必要もありません。

仮に速度制限がかかったとしてもネットは問題なく使えるくらいの速度ですからね。

ということでこれから契約する場合は今回の内容を参考にプランを選んでみてくださいね♪

<こちらもどうぞ>

 

投稿日: